コメント
知英
知英<小鳥遊 玲音>
今回ご一緒させて頂いた竹中さんは、日本でのソロデビュー前から魅力的で好きな俳優さんだったので、まさか共演できるとは思ってもいませんでした。
しかもその竹中さんと入れ替わる役なので、撮影中はずっとワクワクしてました。
現場でもとても気さくに話しかけて下さり、更に役作りに関してもアドバイスを下さったりと、助けて頂き、とても心強かったですし勉強になりました。
入れ替わったときは、竹中さん演じる朝比奈玲男になりきり、エロオヤジ社長炸裂でやりきりました。気分は爽快でした。
限界ギリギリ!?の表情にも挑戦しているので、是非楽しんで観て頂きたいです。
竹中直人
竹中 直人<朝比奈 玲男>
私なんかで良いのかしら?と思いつつ参加させて頂きました。ふと気づくと周りにいる方々は若い方々ばかりで いつの間にか私もじいさんとしみじみ感じながらも撮影の現場はあっという間に過ぎてゆきました。
時の流れは何一つ待ってはくれないのです。知英と僕が入れ替わるなど 演じる私にも想像出来る事ではありません。塚本監督の指示に従いながらどんな映画になるのかしら…と美しい知英を感じながら心と身体を動かしてゆきました。
知英は本当にチャーミングで優しく美しく時には男っぽく柔らかな女性でした。
知英はたくさんの可能性を秘めた女優です。コメディエンヌとしても素晴らしいテンションを持ち備えた方だな…と感じました。
知英と出逢えた事に感謝しております。
山崎育三郎
山崎 育三郎<日下>
朝比奈フーズ税理士の日下は、常に薔薇を持ち、キレッキレに動く自信過剰のナルシスト。かなりキャラクターの濃い役を今回やらせて頂きました。
塚本監督と作り上げた日下は今までにない「非常にムカつく悪役」になっていると思います。
ラストシーンで登場する、日下の超巨大パネルは圧巻です。
大政絢
大政 絢<山口 サリナ>
今回私は知英ちゃん演じる玲音の親友「サリナ」を演じました。
サリナは同じ会社の同僚でもあり、常に一緒にいる親友で玲音をいつも引っ張るサバサバな性格なんですが、二人が入れ替わってることにはなかなか気付かない天然なところも…。
二人の入れ替わったときのお芝居がリアルすぎて何度も現場で笑いを堪えました!皆さんには映画館で思いっきり笑ってもらえればと思います!
中身がエロ社長の知英ちゃん…最高すぎます!色んなキャラクターの方達が大集合しているのでぜひ皆さんに観ていただきたいです。
吉沢亮
吉沢 亮<一条 徹>
一条徹役で出演させて頂くことになりました。
知英さん演じる小鳥遊の中身がおっさんに変わっているなんていざ知らず、そんな彼女に恋をしてしまうとても可哀想な男です。
まっすぐでピュアで少し抜けたところがある、宙にフワフワと浮いているような役でした。というか、撮影中に何度か浮きました。 お楽しみに。
斉藤慎二(ジャングルポケット)
斉藤 慎二(ジャングルポケット)<朝比奈 政夫>
よろしくお願い致します!まず、映画に出演するのが初めてで私なんかをキャスティングして下さったスタッフさんに感謝の言葉しかありません!
素敵な配役を頂いて、実力派な役者さんに囲まれて刺激をうける毎日でした!
実際に映画を見てみないと、何とも言えませんが自分なりに演じきれたと思っています!ストーリーがとにかく面白いですし、笑いあり、感動もある貴重な作品になっているのは間違いないので、劇場で濃い顔の私を堪能して下さい!
塚本 連平<監督>
この映画の一番の見所は、何といっても中身が「竹中直人」を演じる、知英のハッチャケぶりです。勿論「竹中直人」を演じると言っても、竹中さん自身を演じる訳ではありません。竹中さん演じる女好きワンマンオヤジ社長と魂が入れ替わって、そのキャラを演じるのです。陰謀に巻き込まれたり、男に恋したり、思いがけない感動のシーンがあったり、様々なシチュエーションの中で、今まで見たことない知英をお楽しみください。特に女優生命を賭けた?変顔は必見です。
そして、この映画は変なキャラばかり出てくる変な映画です。ストーリーも脱線ばかりして、先が読めない変な映画です。是非「変さ」を楽しんで、お気に入りの「変」を見つけていただきたいです。
トップページへ戻る